元本割れが一度も無いことをウリにしているCOZUCHIの利回りをまとめてみた

へび吉
へび吉

COZUCHIは今まで元本割れを起こしてないようだけど、それって本当なの?

ちょっと怪しいニョロ。

ケロ先生
ケロ先生

公表されているデータを整理してみたら、たしかに元本割れは一度も起こしてないみたい。

むしろ整理している過程で、当初の予定を上まわる利回りを達成しているファンドが、けっこう多いことに驚いたケロ。

やっぱり人を説得したり納得させたりするにはデータ(数字)が一番ですよね。

ただ、数字の羅列ってわかりにくいですし、それだけで吐き気をもよおす人もいます。

この記事では、不動産クラウドファンディングCOZUCHIの利回りデータを見やすく整理しました。

COZUCHIで投資を始めるか決めかねているあなた自身の決心材料として、ご自由にお使いください。

利回りをグラフにして整理【元本割れ→無し】

COZUCHIの公式サイトでは、これまでに手がけたファンドの一覧が誰でも見られるようになっています。

その公表データをグラフ化して見やすくしてみました。

全てのファンドには古い順にNo.が振られており、2022年9月25日現在の最新ファンドはNo. 57です。

ファンドNo. に欠番があるのはなぜ?
以下のような回答を運営会社のLAETOLI様からいただきました。

“欠番になっておりますNo. 5, 8, 10につきましては、現在運用中の広尾一棟ビル(No. 54)と同一物件を対象としたファンドです。 いずれのファンドも問題なく運用開始し、問題なく運用終了しているものですが、現在運用中のNo. 54と商品性が異なっているため、混乱を招くのを防ぐため非表示とさせていただいております。

No. 9につきましても問題なく運用開始し、問題なく運用終了しているものですが、お問い合わせを受け確認したところ、「単に表示が漏れている」ようです。No. 9につきましては、再表示の準備が整い次第表示させていただきます。”

利回りは全て年利で表しています。

方式とは申込み方式のことで、先=先着方式、抽=抽選方式を意味します。

応募率とは応募金額÷募集金額×100で計算され、どれだけ人気があったのかがわかります。
これまで、応募率が100%を切ったファンドは、わずか2つだけ。
それだけ、COZUCHIは良い物件を仕入れているのでしょう。

上の表からわかったこと【元本割れ無し、実績利回り≧想定利回り】
  • 運用を終えた全てのファンドで、実績利回り(オレンジ)がプラスの値なので、たしかに元本割れはしていません
  • 実績利回りが想定利回り()を下回ったファンドは無いため、投資家は常に期待以上のリターンをもらっていたことになります。
  • これまでの2つの利回り差(=実績利回り想定利回り)をみると、平均が16、中央値が0.8ですから、大胆に見積もれば、COZUCHIのファンドの利回りは想定プラス1くらいを見込んでいいのかも。

参考までに、各ファンドの物件の所在地を整理しました(番号はファンドNo.)。

私がCOZUCHIでいくと決心した理由

未来のことは誰にも分かりませんが、過去の実績データを基に未来に対してある程度の見当を付けることはできます。

私が、数ある不動産クラウドファンディングの中からCOZUCHIを選んで投資をしているのは、

  1. 実績利回りが常にプラス(元本割れしていない)
  2. 常に想定以上の利回りを実現させている(利回りが倍増しているファンドも多い)

この2つを確認し、『COZUCHIであれば比較的安心かな』(言い方を変えれば、『万が一、元本割れしたとしても、後悔はしない』)と納得できたからです。

そして、何よりも決め手となったのが

  1. 「ほとんどのファンドが抽選方式」ということ。

COZUCHIの申込み方法の割合

私は過去に、大手の不動産クラウドファンディングにも投資家登録していたのですが、そこは先着方式がメインだったんです。

応募開始時刻の数分前からPC前でスタンバって、開始時刻とともに応募してみるのですが、毎回、秒で枠が埋まります。ネット環境次第ではNo chance。

8回やって8回ともダメ。
これでは何のために投資家登録したのかわかりません。もう、そこでの投資は諦めました。

サッカーやってる息子に話したら

「それって、ベンチ入りはしてるんだけど、毎回試合には出してもらえない選手って感じ?いつもモンモンとして、もどかしさを感じてるみたいな。とにかく『フィールドに立たせてくれ!』みたいなw」

だと。あながち間違ってない。。。

一方の抽選方式だと、誰にでもチャンスありますからね。


まとめ

COZUCHIの全ファンドの利回りを見やすく整理してみました。

投資ファンドに元本保証はありませんが、以下の2点は事実のようです。

  • たしかに元本割れは一度も起こしていない
  • 実績利回りが想定利回りを下回ったこともない

「株式やFX、暗号資産のようなハイリスク・ハイリターンの投資はちょっと。。。でも、債券や社債だとリターンが低すぎるし。。。」

そんなあなたには、ミドルリスク・ミドルリターンの投資ができるCOZUCHIという選択肢もありますよ~、ということです。

副業禁止の公務員でもCOZUCHIで投資できるのかな。。。と不安なあなたは、以下の記事も参考になるはずです。なにを隠そう私も公務員です。

公務員がCOZUCHIで不動産投資を堂々とできる4つの理由

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA